2006年 03月 23日 ( 1 )
今更WBCを振り返る
始まる前というか例のアレがあるまでは全く盛り上がってなかったWBC。
でも最終的にはすさまじい盛り上がりになって、最高の結果で終わったわけです。
最終戦の視聴率は40%越え。祝日とはいえ昼間にこの数字は異常です。
そんなわけでニュースでも散々やってるが、WBCを最初から振り返ってみることにしよう。

まず代表選手選考でいきなりつまずく。
守りの要城島は大リーグ1年目で選べない。
さらに井口辞退と怪我やらで、正二塁手不在。結果、実質活躍1年目の西岡がスタメンに。
ショートも井端が目かなんかの影響で辞退。
一番の痛手は松井の辞退だったが結果的には良かったか。
とりあえず、色々な理由で辞退者が相次いだためにロッテから大量選出という異常な事態に。

で、合宿やらなんやらやったあと壮行試合をしたわけだが、
観客少ない上に黒田が怪我。しかも代表が負けたりして先行きが不安に。
黒田の穴埋めとしてきたのが久保田でまたさらに不安になる。

そんな中開幕したWBC。
アジアシリーズは3戦目韓国に負けるという結果で日本野球の実力にケチがつきはじめる。
大リーグ球団との練習試合でも苦戦。久保田はここで被弾し、以降出番なし。

そんな不安だらけの中開幕した二次リーグ。
初戦はアメリカ、先頭バッターは絶不調だったイチロー。
ここでイチローが不安を打ち払う先頭打者ホームランで勢いづく。
イチローは一気に神に進化し、以降の大活躍につながっていく。
途中清水が審判にケチをつけられてリズムが狂い、そのまま被弾して追いつかれたが、
勢いは完全に日本だった。
が、ここで例のボブマジックが炸裂して日本敗戦。
しかも打たれたのが藤川で相手がA・ロッドなのが最悪だった。

ボブマジックは一気に日本全土に知れ渡り、同時にWBCの知名度が一気にあがる。
今までほとんど報道してなかったマスコミがこぞってボブを叩き出し、
メキシコ、韓国戦では絶対負けられない雰囲気を作り出す。
ちなみに中継したのがどこだか忘れたが、試合後の番組では30分以上延々ボブ叩いてた。
さらに韓国がアメリカに勝っちゃったために負けられない雰囲気はさらに高まった。

で、メキシコ戦は松坂が神、いわゆるゴッドになり快勝。
ますます韓国戦に対する報道が増えていく。
だが、韓国戦で再び敗戦。しかもまた打たれたのが藤川。
マスコミは再びボブを叩き始め、完全に終戦モードに入る。
が、ここでメキシコが勝利し日本準決勝進出。
ここでもボブがメキシコの闘争心を煽ってくれてWBCの普及に貢献。

終戦モードに入った原因である韓国との対戦が決まり、ここぞとばかりに盛り上がる。
準決勝では韓国に完勝し、スッキリ決勝へ。今までたまった鬱憤もスッキリ。
日本としてはこれ以上ない漫画のような展開で決勝へ。

決勝ではキューバが初回から自滅。
さらにピッチャーを変えまくって、終盤にピッチャーがいなくなったため
9回に駄目押し点が入ったりして勝利。展開としてはまさに理想的。

全く知名度のなかったWBCが一気に有名になっただけでなく、
日本野球の力もアピールできるという最高の結果に。
なんていうか日本のための大会だったような気がしてならん。

とりあえず野球大好きっ子からしたら、野球がここまで話題になると嬉しくてたまらんわけだ。
まぁプロ野球人気がこれから上がるかどうかは分からないが。
3年後は辞退者ゼロでまさにオールスターな布陣になるといいなー。
[PR]
by arkangel074 | 2006-03-23 10:13 | 野球